2015年08月28日

伊賀の國忍者映画祭2015を終えて

2回目の忍者映画祭。

名誉会長の伊賀市長、各地の後援団体の皆様、
審査員をお受けいただいた皆様、
ゲストの皆様、コンペティションノミネート作品の監督や関係者の皆様、
共通券をお買い求めいただき参加いただいた皆様、
協賛いただいた企業の皆様、上映作品の映画会社の皆様、
設営いただいた皆様、技術スタッフの皆様、実行委員会の皆様。

皆様のおかげをもちまして、伊賀の國忍者映画祭2015開催することが出来ました。
総合プロデューサーとしてまだまだ未熟ではありますが、皆様のおかげでやり遂げることが出来ました。
本当にありがとうございました。

私は昨年、第一回の忍者映画祭を伊賀で開催するきっかけになりながらも
4月の県議会選挙や母の死など、私自身の問題が多い中あまりモチベーションが上がりませんでした。そんな時、主催者である地元のくノ一実行委員の皆様にやらなければならないと励まされ、総合プロデューサーとしてお受けさせていただきました。
主催はあくまでも実行委員会ですが、今回は私自身、伊賀に戻ったこともあり、
裏方に徹し、実行委員会のお手伝いをさせていただきました。
ただ正直申し上げますと、自分のキャパスティを越えるものがありました。

一つうれしかったことで映画祭の財産となったことですが、
今年は審査員である、近畿大学の金准教授のご好意で、
ボランティアスタッフに金ゼミの学生さんにお手伝いに来ていただきました。
正直、この子達がいたこそ、今年の忍者映画祭は成り立ったと思っています。
明るく楽しく、設営や受付、屋台村、上映やステージなど各部署で活躍してくださいました。
本当にありがとうございました。

来年の映画祭の実行委員会は9月に立ち上げ、事務局の強化が必須だと思います。
また「伊賀の國忍者映画祭2016」始まります。
来年も総合プロデューサーとして皆様にお会いできますよう、頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

20150823_123311.jpg








posted by 森口あゆみ at 23:27 | TrackBack(0) | イベント