2018年01月15日

3年間の伊賀の暮らし

26805087_849277275252488_1901547400827453950_n[1].jpg

一年に数回しか書かないブログです。

東京から伊賀に住民として戻って3年と3ヶ月になりました。
伊賀盆地の冬はとても寒いです。

この4月に1人娘が短大に入学します。
娘が4歳の時に離れてもう15年になりました。
女優を目指すための短大に入学する娘。
私は東京で15年、俳優事務所を営んできて、
伊賀に戻り地域創生のためのプロデュースをするために、俳優事務所を閉めた。
娘のために何ができるのか。

伊賀の子供たちの地域発信アイドルをプロデュース
地元の飲食店のプロデュース
文化施設の再生プロデュース
まちづくりのためのイベントプロデュース
伊賀発信の映像や音楽のプロデュース
今、私はプロデューサーとして結果を出していく事が目標であり義務だと思っている。
伊賀の次世代のために。

関東での活動は伊賀で結果を出してから。
一人娘のために。



posted by 森口あゆみ at 01:17 | TrackBack(0) | 森口あゆみ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182149702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック