2019年06月12日

森口あゆみ〜くノ一の告白VO1

11日夜に行われた「フラワーデモ」性暴力無罪判決への抗議のニュースを見ました。
https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019061190224525.html

私が政治家として一番に何と闘っていくのかが明確にわかりました。
少しずつ自分のことを書いていこうと思います。

私は中学二年生14歳の時に両親が経営をしていた工務店に勤めていた営業の当時29歳の既婚の男性と初めての性交渉をしました。もちろん同意の下ではありません。
家族で一泊旅行に行くことになっていたのですが、私が風邪をひいて熱を出してしまったので、従業員だったその男性に両親は私を預けて弟を連れて出かけて行きました。
その日の夜のことです。私の寝室に来てその男性は強引に私に性交渉をしました。
初潮が13歳に始まったばかりで、中学でも男性と交際もしたことがない私は抵抗も出来なかったのです。
バスケットボール部で活動していたせいか、出血がなかった私に対して、「初めてじゃなかったんだな、親には言うなよ」と言って、次の日から連日私の寝室に忍び込んでくるようになりました。
一家団らんの場所に、その男性は自分の幼い息子を連れてきて、両親と歓談しながらテーブルの下では私を触るという大胆な行動に出るようになりました。
一年ほど経ったある日、両親の工務店を辞めたと言うことで学校帰りの私に車の中から3000円ほどのお金を差し出しましたが、私は受け取らず別れました。それが最後でした。

私は両親を苦しめたくなく、死ぬまでこのことは言わないと決めました。
そして両親も亡くなり、その男性も50代で亡くなったそうです。

その後の私がどうなっていったのかは、また次回にお話します。

S__10272789.jpg
posted by 森口あゆみ at 11:38 | TrackBack(0) | 森口あゆみ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186128351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック